Top >  脱毛について >  クリニックの脱毛について

スポンサードリンク

クリニックの脱毛について

クリニックとは医師がいる医療機関のことです。エステサロンは医師がいないので医療行為ができません。そこがクリニックとの違いになります。

永久脱毛方法にはレーザー脱毛と絶縁針脱毛があります。医療機関でのみ行うことができる永久脱毛方法で、エステサロンでは出力の低い光を回数を多く当てて脱毛をしています。

レーザー脱毛と絶縁針脱毛の大きな違いは脱毛時に感じる痛みの度合です。レーザー脱毛ではそれほど痛みは感じませんが、絶縁針脱毛では皮膚に針を刺して通電するのでかなりの痛みを感じます。

永久脱毛では毛を作る細胞のタンパク質を65℃〜70℃以上の熱で破壊して怪我経てこないようにします。このように脱毛目的で熱を出す方法には光の熱(Photo
Thermo Lysis)のレーザー脱毛やIPL脱毛、電気の熱(Electro Thermo
Lysis)のETLやブレンド法などの種類があります。




スポンサードリンク

 <  前の記事 エステ脱毛の被害について  |  トップページ  |  次の記事 クリニックの永久脱毛のETL脱毛について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/763

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「永久脱毛でツルツル肌GET!レーザー脱毛に挑戦!!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト