Top >  脱毛をしよう! >  自宅脱毛での注意点

スポンサードリンク

自宅脱毛での注意点

自分で脱毛処理をする場合に不潔にしてばい菌に感染してしまう毛膿炎にならないように注意しましょう。
毛膿炎とは、ムダ毛の処理を行った後に、開いたままの毛穴からばい菌が入って化膿を起こしてしまうことです。原因としては不潔な環境、不潔な脱毛器具でのムダ毛の自己処理などがあり、ばい菌が繁殖すると毛膿炎になります。
 
毛膿炎にならないためにも、ムダ毛の処理の前に処理する箇所や脱毛器具や指などをアルコールで消毒してから行いましょう。

また剃刀などでは皮膚を傷つけないように気をつけ、特に脇の下やうなじなどは自分では見えにくい部位で、皮膚が真っ直ぐではないため怪我に繋がることがあります。毛流れにそって刃を斜めにして当てることが怪我をしないコツです。

剃刀負けを防ぐためにシェービングクリームやせっけんで泡立てて、皮膚の上をなめらかに滑るようにカミソリを当てて脱毛しましょう。

剃った後は保湿ローションとクリームでケアすることもなめらかな肌のために必須です。




スポンサードリンク

 <  前の記事 プラズマ脱毛の利点  |  トップページ  |  次の記事 エステ脱毛の被害について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/761

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「永久脱毛でツルツル肌GET!レーザー脱毛に挑戦!!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト